This is Open Informant project.

It fights against the mass surveillance.

Open Informant

PrototypeProtest2013At Superflux

Open Informant

Overview

Since the formation of the nation state, state surveillance of some form has been part of our lives. Today most countries across the world have specialised and well-funded agencies tasked with watching their citizens, from the GCHQ in UK to NATGRID in India and the now famous NSA in the United States.

However it is the tools and techniques at the disposal of these agencies that have undergone the most radical change, taking full advantage of the increasingly networked nature of our lives. The NSA, GCHQ and other government security services secretly collect and scan our personal information and correspondence for trigger words; from the overtly malevolent: ‘anthrax’, ‘assassination’ and ‘bomb’ to the seemingly benign: ‘pork’, ‘dock’ and ‘storm’. According to a top secret heat map published by The Guardian and produced by the NSA’s Boundless Informant program, almost three billion data elements from inside the United States were captured by the NSA over a 30-day period ending in March 2013.

In response, Open Informant attempts to confront the unsettling realties of surveillance in a networked age. It is a phone app and e-ink badge. The app searches your communications for these NSA trigger words and then sends text fragments containing these words to the badge for public display. Using the body as an instrument for protest, the badge becomes a means of rendering our own voice visible in an otherwise faceless technological panopticon. By openly displaying what is currently taken by forceful stealth, we question the intrusive forms of mass surveillance adopted by democratic nations on its own citizenry, and in the process, shift the conversation around wearables from being about you and your body as machine, to the culture of machine intelligence and algorithmic monitoring.

Read in日本語

国民国家の形成以降、国家による監視は何かしらの形で私達の生活の一部でありつづけている。現在でもほとんどの国に潤沢な予算を割り当てられ、それぞれの国民を監視している機関が存在している。イギリスのGCHQ、インドのNATGRID、そしてアメリカのNSAなどがそれだ。

こうした機関が使用しているツールや技術は、私達の生活のネットワーク化にともなって急速な変化を続けてきた。今では、NSAGCHQなどの政府諜報機関は、秘密裏に私達の個人情報を、ブラックリストワードをもとに収集している。リストには「anthrax:炭疽菌」「assassination:暗殺」「bomb:爆弾」といったあからさまに悪意のある言葉から、「pork:豚肉」「dock:波止場」「storm:嵐」などの無害に見える言葉までが含まれている。The Guardianが明らかにしたNSAのプログラム「Boundless Informant」が生成したとされるヒートマップによれば、20133月だけで30億ものアメリカ国内の機密情報がNSAによって収集されていたという。

Open Informantは、こうした状況に際して、ネットワーク時代における国家監視の不気味な現実へと立ち向かうためのプロジェクトである。スマートフォンアプリと電子インクバッジからなるシステムは、NSAと同じトリガーワードで着用者の通信をスキャンし、ヒットしたテキストを断片化してバッジへと転送し、衆目に晒す。何が秘密裏に監視されているかをオープンに提示することで民主主義国家における国民監視のありかたに疑問を示す一方で、ウェアラブルテクノロジーに関する議論の焦点を、デバイスとしての着用者やその身体から、人工知能や監視社会の文化的な表現へとシフトするのが目的である。

Badge

Credit

  • Commissioner: Wearable Futures, Ravensbourne
  • Design team: Jon Ardern (Superflux), Yosuke Ushigome, Anab jain (Superflux)